初心者必見!初めての会計ソフトの選び方

小規模ならパッケージ型

市販されている会計ソフトは大手企業が使えるものから個人事業主レベルのものまで用意されています。適当に選んでしまうと使いにくい場合もあるので選び方を知っておくといいでしょう。
今時分の会社がどういう規模なのかを重視するのが大切です。小さい企業であれば自社専用の会計システムを導入するのは困難といえます。
こういう企業はパッケージ型の会計ソフトがおすすめです。なぜならパッケージ型は1万円ほどで購入できるメリットがあるので初期費用が大幅に安くなっています。
また一度購入すると維持費がかからないのでランニングコストを気にする必要がないです。おためし版のダウンロードも出来るので複数利用して選定するといいでしょう。

中規模ならクラウドも検討しよう

クラウド型のソフトはインターネットに接続できる環境であればデバイス関係なく利用できます。会計ソフトもクラウド型の商品が用意されているのです。
こちらはパッケージソフトとは違いが買いきりではないので、月額費用が発生します。大体2000円以上の金額が必要であって、常に最新バージョンを使えるのがメリットです。
中小企業規模ならクラウド型が最も適しています。金融機関データの自動取り込み機能や仕分け機能もついているので業務の効率化が可能です。
データをそこそこ扱う企業なら自動機能は特に便利といえますよね。オプションを付帯させると機能拡張できるメリットもあるため、大企業にも対応できるのです。
こちらもおためし版が用意されているので利用してみましょう。

マイナンバーシステムという呼び方はあくまで通称であり、正式な名称は「個人番号」です。税金や年金に関する手続きに使われます。